くせ毛 湿気

湿気に負けない!くせ毛を上手にケアするには?

私はくせ毛で悩んでいました。
サラサラなストレートヘアーに憧れて、縮毛矯正をすることもありました。

 

しかし、縮毛矯正は1回で2万円くらいはかかるし、効果も2、3ヶ月もすればなくなってしまいます。

 

髪に良いとされるトリートメントを聞けば試してみたし、家でオリーブオイルパックすればいいと聞けばやってみました。

 

それでも結局、くせ毛の悩みは消えません。

 

くせ毛の原因というのは遺伝も大きいですが、毛根がゆがんでいたり、毛穴が詰まっていたりというのも原因の一つだとききました。

 

そうきくと、なんだか自分が不潔だと言われているような気がしてショックですね。

 

また、くせ毛だと乾燥しやすくキューティクルが剥がれやすい…のに、湿気を吸収しやすくもあるので梅雨時期はうねってうねって仕方ありません。

 

とにかく、くせ毛で良いことなんて何もないのではないかと思ってしまうほどです。

 

くせ毛を抑える、髪の毛の乾かし方

毎日のケアでくせ毛を落ち着かせる方法は、やはり髪の乾かし方が重要になってきます。

 

私は乾かし方を気をつけるようになってからはクセ毛が少し落ち着くようになりました。

 

まずはタオルドライはしっかりと。
ガシガシ拭かずに、叩くように優しくタオルドライするのが大切です。

 

これはドライヤーを使う時間を短くするために大切です。ドライヤーは上から当てるようにします。

 

私はドライヤーの前にヘアオイルを使って保湿もします。

 

この時、美容師さんがしてくれるようにブラシを使ってブローするのではなく、手ぐしを活用しています。

 

ちょっと引っ張るように伸ばしながらブローするとだいぶクセが落ちつくのです。

 

最後に必ずドライヤーの冷風で仕上げます。

 

冷風を使うことで髪のツヤ感がましてくれますし、髪は冷えるときにクセがつくので何げに大事な仕上げなのです。

 

毎日手を掛けるのは大変だけど、うねって爆発してまとまりのない髪の毛は美しくありませんからね。

 

面倒くさがらずにがんばるようにしています。髪の毛って意外と男子から見られているものですよ。

 

◆彼氏に嫌われたくない!20代女子の彼ウケ美容術。脱毛から身だしなみまで◆ トップに戻る